女性

行政書士の資格は誰でも取れる|しっかり勉強すれば合格間違いなし

幼稚園で教諭として勤務

文房具

養成課程の履修や認定試験

幼稚園教諭の免許状を得るには、大学または短期大学の養成課程を履修し、必要単位を全て取得することが必要となります。逆に言えば、単位を取得すれば、特に資格試験などを受けることなく、免許状を手に入れることができるわけです。一方養成課程を履修していない人でも、保育士資格を有していれば、3年以上保育士として働くことで、幼稚園教諭を目指すことが可能となります。ただしこの場合は、資格の認定試験を受験し、それに合格することが必要となっています。またいずれの場合も、幼稚園教諭として実際に勤務するためには、各自治体または幼稚園で実施されている採用試験を受けることになります。免許状を手に入れた上で採用試験に合格することで、晴れて幼稚園教諭として働くことができるようになるのです。

免許状の種類

ただし、短期大学での養成課程の修了、あるいは認定試験の合格によって得ることができるのは、幼稚園教諭の二種免許状です。大学の養成課程を修了した場合には、一種免許状が授けられます。どちらの場合も、幼稚園教諭として就職した後は、基本的には同じ内容の仕事をすることになります。ところが一種免許状を有している場合、将来的に主任など上の立場になることのできる可能性がやや高くなります。そのためそれを目指している人の多くが、短期大学や保育士からのルートではなく、大学からのルートを選択しています。また、大学卒業後に大学院に進むと、専修免許状を得ることが可能となります。この場合は、より多くの専門知識を得て現場に立つことになるので、その分プロフェッショナルとして期待される機会も多めとなります。