女性

行政書士の資格は誰でも取れる|しっかり勉強すれば合格間違いなし

子どもの笑顔の隣りで働く

保育園

子どもの成長を見守る

保育士の資格を取得しようと考えているものの、本当に保育士の仕事にやりがいや将来性があるのかと迷っている方もいるのではないでしょうか。日々急速に成長していく子どもの変化をそばで見守ることのできる保育士は、とてもやりがいのある仕事といえます。もちろん大変なこともたくさんありますが、子どもたちの笑顔を見ながら働けるということは子どもが好きな人にとって何物にも代えがたい大きな魅力です。少子化で保育士は将来性のない仕事なのではと心配する人もいるかもしれませんが、実際は待機児童問題からもわかる通り今でも需要は伸び続けています。一般的な保育所以外にも企業内保育所や商業施設内託児所、保育ママ、ベビーシッターなど、少人数制のよりきめ細やかな保育を行える施設や保育士を求めるニーズは今後も増え続けていくはずです。

保育を学ぶ

やりがいや将来性に関する心配がなくなったところで、実際に保育士になるにはどんな方法があるのか紹介していきましょう。保育士の資格を取得するには、保育士の養成課程のある大学・短大・専門学校へ通うことが王道の方法となります。できるだけ早く現場で働き始めたいという人には、2年制の専門学校や短大が最適です。保育に関する知識をより深めたいという人は、3年制の専門学校や短大、4年制の大学に通いましょう。厚生労働省指定の学校を卒業すれば、無試験で卒業と同時に資格を取得できます。また、指定の学校を卒業していない場合でも、国家試験に合格することで保育士になることができます。とはいえ、やはり無試験で資格を取得できる指定の学校を卒業する方法が保育士になるには一番の近道です。