眼鏡と勉強道具

行政書士の資格は誰でも取れる|しっかり勉強すれば合格間違いなし

子どもの笑顔の隣りで働く

保育園

保育士は子どもの成長をそばで見守れるやりがいのある仕事です。少子化の今でも需要が伸び続けていて、今後はよりきめ細やかな保育に対するニーズが高まっていくことでしょう。保育士になるには、厚生労働省指定の学校を卒業することが王道の方法になります。

幼稚園で教諭として勤務

文房具

大学で必要単位を取得すると、幼稚園教諭の一種免許状が授けられます。短期大学で単位を取得、または認定試験を受験して合格すると、二種免許状を得ることができます。さらに大学院に進むと、より専門性の高い専修免許状を取得できます。いずれの場合も、実際に勤務するためには、採用試験を受けて合格することが必要です。

誰でも受験できる

男の人

自己破産した人でも

行政書士は受験資格がないため、誰でも受験することが可能となっています。取得する地震があるのであれば未成年でも可能です。しかし未成年の場合は、現に行政書士として働くには成人になってからでなければ活動することはできません。資格を得ることだけは誰でもできるということです。自己破産した人でも取得可能です。自己破産すれば、弁護士や司法書士などの仕事に就くことはできないといわれています。それは行政書士も同じです。ならば、受験して資格を取得しても意味がないのではないかと思われるかもしれません。しかし自己破産していても資格を取るだけはできます。ただ、職に就く場合は自己破産してから3ヶ月から半年ほど期間を経て、復権手続きを行なわなければなりません。その手続きを行なうことができれば行政書士として働くことができるようになります。

生活に必要となる存在

行政書士の資格を取得することができるようになれば、行政法など法に関わる専門家として職につくことができるようになります。弁護士や司法書士と比べると活動範囲は狭くなりますが、普段生活に関わるほうの問題に関しては、行政書士で十分対応することができることがたくさんあり、人々にとっては必要となる存在といえます。独立して活動することもできる資格で、ある程度経験した人は個人で事務所を立ち上げて働いていることもあります。相続問題や離婚問題、著作権問題などでも対応することがある仕事で、自己破産をしてからの復権手続きについても相談を受けることもあります。そのため資格を取得するにはかなりの高いハードルがあり、しっかりと法について知識を持たなければ取得できません。

発語の指導をする専門家

診断

言語聴覚士の指導下での発語トレーニングの需要は、高まっています。そのため言語聴覚士の資格取得を目指す人は、増加しています。資格取得には、専門学校や大学で必要科目を履修した上で、国家試験を受けることが必要です。合格しても、専門学校や大学を卒業できなければ就職が困難となるので、努力することが大事です。